原状回復は敷金で賄える|賃貸トラブル回避術

ワーカー

原状復帰の必要性

家の模型と工具

賃貸契約を結ぶ際には、退去時のルールなどが設けられていることがほとんどです。賃貸物件のオーナーのほとんどは管理会社と契約しており、問い合わせなどを行なう場合は管理会社を通さなければいけません。規約にしっかりと目を通し、原状復帰の必要性などを確かめておくと良いでしょう。場合によってはオーナー側で原状復帰を行なってくれることがあります。契約時に敷金を2、3ヶ月分支払っているのであれば、その資金が原状復帰工事の費用に当てられるケースがほとんどなので、トラブルを避けられるでしょう。敷金がかからない物件は初期費用を抑えられるので便利ですが、退去時にお金がかかるという特徴があります。

原状復帰は新たな入居者のためにも必要になる工程です。壁や床に傷が付いていたり、キッチンや浴室などの機能性が失われていたりする場合、物件の価値は低下してしまいます。そうなると新たな入居者が見つかりにくくなってしまうため、出来るだけ物件の価値を維持することが必要になるのです。賃貸契約を結ぶ際に契約書をじっくり確認すると、原状復帰に関する規約が記載されています。原状復帰を巡るトラブルは賃貸物件にありがちです。スムーズに退去を行なうためには準備を整えておく必要があるでしょう。借人と貸人のどちらに義務があるか明確であれば、専門の業者に工事の依頼をかけておくことが出来ます。費用は業者によって異なっているので、見積もりの価格や施工事例などを確認しておくと安心です。