原状回復は敷金で賄える|賃貸トラブル回避術

男女

原状復帰の必要性

家の模型と工具

賃貸契約の際には契約書をしっかり確認し、原状復帰の必要性を確かめておくようにしましょう。退去時のトラブルを防止するためには、早めに退去の準備を進めておくことが大切になります。

詳細を確認する

初期費用を抑えられる魅力

作業者

初期費用を減らした物件

賃貸物件を借りるときには大きな初期費用がかかりがちですが、敷金を無料にした物件もあって人気が集まっています。もともと敷金は家賃の滞納や原状回復義務の不履行があったときのための保証を目的としたものであり、オーナーが良いと言えばなくすこともできるものです。家賃で数カ月分にもなることが多いのが敷金であり、それだけないと家賃と原状回復の分の費用をオーナーが回収できないから多めにしてあるというのが実情です。しかし、それが無料になるだけで入居のハードルが大きく低下します。家賃が高い物件なら数十万円にもなるものであり、敷金が無料になるから他の物件よりも良いと考える人もいるほどに人気が高くなっているのが実情です。

最初からの対策が大切

敷金が無料であることにより原状回復費用の必要が生じてしまいやすいため、出来る限り費用がかからないように最初から対策をしておくことが大切になります。原状回復はどこまで元通りにするかが問題になりやすいため、最初に入居するときに写真やビデオを使って状況を記録しておくのが望ましいでしょう。オーナーか管理会社に連絡して立ち会いのもとで撮影をしておけば偽造したものだという疑いを持たれることもありません。こうすることによって敷金がなかったからといって、退居のときに大きな費用を支払わなければならなくなるリスクを低下させられます。原状回復はトラブルになりやすい点ですが、予め準備をしておけば費用もトラブルも減らすことができるのです。

業者に任せる退去準備

男性

原状回復工事を専門業者に依頼することで退去の際には依頼するだけで原状回復を終えられるようになります。高い品質での修繕を行ってもらえると期待できることに加えて、業者によっては引き渡しの際に交渉も行ってくれるのが特徴です。

詳細を確認する

退居時に部屋を元に戻す

室内

賃貸物件から退出する時には原状回復を行う必要があります。室内を入居時と同じ状態に戻さないと、次に入居する人が困るからです。アパートだけでなく賃貸オフィスでも同じです。ただし室内に手を加えていない場合は原状回復の必要はないのです。国土交通省のガイドラインには原状回復をする基準が示されています。

詳細を確認する